国際会計/MBA/海外就職のビジネス情報 - ビズインフォログ

経営戦略とビジネスフレームワーク

経営戦略とビジネスフレームワーク

企業が市場競争で勝ち抜くための経営戦略

企業が継続的な事業活動を通じて、ターゲットとする市場で売上を拡大していく上で、その市場における競合他社との勝負に勝ち抜く必要があります。この勝ち抜くための戦略として、経営戦略という基本方針が用いられます。経営戦略とは言い換えると、「自社の強みを活かして戦うためのに選択する方法」となります。

企業が事業活動を行う場合、経営目的というものを定めているはずです。この経営目的を達成していくために必要な具体的な戦略と言うものは、色々なレイヤーや時間軸、事業規模などによって分類させることも可能です。

  • 時間軸による戦略の例: 短期戦略、中期戦略、長期戦略
  • 対象範囲による戦略の例: 全社戦略、部門別戦略
  • 事業展開先による戦略の例: 国際化戦略、多角化戦略、ニッチ戦略

ビジネス分析に役立つ便利なフレームワーク

ビジネスを進めていると様々な課題に直面すると思いますが、その課題を的確に分析して理解を容易にするため、フレームワークを用いることが便利かつ役立ちます。このフレームワークは、ビジネスの現場における判断や決定を行う上での論理的な根拠となりますので、フレームワークを上手く活用することで迅速な次のアクションに繋げることができます。

ここでは、主要なフレームワーク21種類を紹介しています。

  1. 4P分析
  2. 3C分析
  3. SWOT分析
  4. PEST分析
  5. アドバンテージ・マトリックス
  6. コア・コンピタンス分析
  7. バリューポートフォリオ
  8. PPM
  9. ファイブフォース
  10. アンゾフのマトリクス
  11. 7つのS
  12. VSPROモデル
  13. VRIO フレームワーク
  14. バリューチェーン
  15. GEのビジネススクリーン
  16. 基本競争戦略
  17. サービス・プロフィット・チェーン
  18. デコンストラクション
  19. ビジネスモデルキャンバス
  20. PLC(製品ライフサイクル)
  21. PDCA サイクル
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ビズインフォログ All Rights Reserved.